【2019年2月】WordPress(ワードプレス)超絶オススメプラグイン17選!【最新】

[voice icon=”https://komanosuke-life.com/wp-content/uploads/2019/01/s512_choju48_0038_9.png” name=”うさぎさん” type=”l fb”]プラグインって、たくさんあってわかんないなぁ。[/voice] [voice icon=”https://komanosuke-life.com/wp-content/uploads/2018/10/992fab39576f7429578367f8019c5adf-e1539467290610.png” name=”こまのすけ” type=”l line”]大丈夫!この記事では、そんな方におススメのプラグインを紹介しているよ![/voice]

 

プラグインの導入方法についてはこちら(↓)を参考にしてね!

WordPress(ワードプレス)にプラグインを導入する方法!

 

必須プラグイン13選

①All in One SEO Pack

2007年から50,000,000回以上ダウンロードされたプラグイン。

SEO対策で重要な「ディスクリプション」の編集に必要不可欠です。

 

②Akismet Anti-Spam

スパムメール対策プラグイン。

WordPressにはデフォルトで入っています。有効化を忘れずに!

 

③Edit Author Slug

IDを保護するプラグイン。

 

④UpdraftPlus-Backup

データバックアップ・復元共に簡単なプラグイン。

 

⑤WP MULTIBYTE PATCH

英語表記を日本語で表記してくれるプラグイン。

プラグインには英語表記のものが多いので、入れておくと意外に助かります。

 

⑥Add Quicktag

よく使用するタグや定型文をすぐに呼び出せるプラグイン。

導入することで、記事の作成スピードがUPします!

 

⑦Contact Form 7

お問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグイン。

 

⑧EWWW Image Optimizer

画像を最適化し、ページの表示速度を向上させるプラグイン。

 

⑨PS Auto Sitemap

サイトマップを自動で作ってくれるプラグイン。

 

⑩Google XML Sitemaps

 

クローラーに自分のブログを無駄なくクロール(巡回)してもらい、

Googleなどの検索エンジンに反映してもらうために必要なプラグイン。

 

⑪TinyMCE Advanced

記事の作成画面が劇的に使いやすくなるプラグイン。

「Add Quicktag」と同じく、導入することで記事の作成スピードが格段にUPします!

 

⑫WordPress Ping Optimizer

PING送信を行ってくれるプラグイン。

PING送信を行うことで、SEO対策や検索エンジンに迅速にインデックスされやすくなるなどの効果があります。

 

⑬No Self Pings

有効化するだけで、セルフピンバックを停止してくれるプラグイン。

 

あると便利なプラグイン4選

①WordPress Popular Posts

人気記事ランキングを作成してくれるプラグイン。

 

②Table of Contents Plus

もくじを自動で作成してくれるプラグイン

 

③Broken Link Checker

記事内のリンク切れをチェックしてくれるプラグイン。

 

④EasyFancyBox

記事内の画像をクリックしたときに、拡大画面をおしゃれに表示してくれるプラグイン。

(上記画像をクリックすると、画像がおしゃれに表示されるよ!)