マクドナルド(MCD)2019年第3四半期決算の考察【追加購入しました!】

こまのすけ

こんにちは。こまのすけ(@komanosuke3)です。

 

2019年10月22日にマクドナルドの第3四半期決算が発表されました。

 

画像:マクドナルドHPより

 

売上高、EPSともに予想に届かず、株価は大幅に下落しましたが、こまのすけは10万円分ほど買い増しを実行。

 

今回は、MCDの3Q決算について確認していきたいと思います!

 

マクドナルド(MCD)2019年第3四半期の決算結果

1株利益と売上高

 

両者ともに、予想を下回る結果となりました。

 

次に、四半期ごとの売上高・営業利益・純利益をグラフ化してみます。

 

・売上高は予想を下回ったものの、「前年同期比+1%」

・EPSは予想を下回ったものの、「前年同期とほぼ変わらず」

とそこまで悲観する内容ではないかと思われます。

 

米国既存店の売上高は予想に届かず

・世界既存店の売上高は前年同期比+5.9%(市場予想は+5.7%)

・うち、米国既存店の売上高は4.8%増(市場予想は+5.2%)

 

グローバル企業のイメージが強いマクドナルドですが、実は売上高の3分の1は米国が占めています。

 

売上高の多くを占める米国内での伸びが悪かった、という点も株価の下落につながったのではないでしょうか。

 

フランチャイズ店舗の売り上げは好調

 

直営店の売上高が-8%と低迷する一方、フランチャイズ店舗からの売上は第3四半期までで前年度比+5%となっています。

 

しかし、2019年3QのEPSは前年同期(2018年3Q)の2.10から2.11へと上昇。

 

つまり、「フランチャイズを増やした方が利益率はよくなる」ということ。

 

そして、マクドナルドはフランチャイズ化を押し進めている真っ最中。

 

「マクドナルドがフランチャイズ化を進めている以上、今後EPSは上昇していく可能性が高い」と考えられます。

 

上のグラフからもわかるように、売上高は減少していますが、フランチャイズ化を始めた2015年から営業利益率は右肩上がりとなっています。

 

8%の増配を発表

今回、買い増しした理由として「増配」を発表したこともあげられます。

 

2019年11月29日の配当落ち日分から、配当金は1.16ドルから1.25ドルへ。

 

画像:Morningstar.comより

 

マクドナルド(MCD)2019年第3四半期決算の考察

今回の決算で、全体の3分の1を占める米国内での売上高が減ったことは気になるところ。

 

しかし、フランチャイズの売上高が上昇していることは利益率・EPSの上昇、ひいては増配にも結びついてきますので、そこまで悲観はしていません。

 

今回の買い増しで、MCDがポートフォリオに占める割合は5%→8%となりました。

 

今後の決算では、

・売上高の3分の1を占める米国内での伸びがどうなるか

・フランチャイズ店舗からの収益の増減

などに注目していきたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、感謝いたします(^▽^)

 

blank