ABBV(アッヴィ)の業績、配当金、キャッシュフローなどの分析

こまのすけ

こんにちは。こまのすけ(@komanosuke3)です。

 

今回は米国株「アッヴィ(ABBV)」について分析していきたいと思います。

 

アッヴィ(ABBV)の基本情報

英文社名:AbbVie Inc

ティッカー:ABBV

セクター:ヘルスケア

 

企業概要:

医薬品メーカー。医薬品の研究、開発に従事。免疫学、慢性 腎疾患、C型肝炎、婦人病、腫瘍、および神経系疾患など、特殊治療を要する分野の医薬 品を手掛ける。

多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病などの治療薬も製造。

モーニングスターより抜粋

 

アッヴィ(ABBV)は米医薬品・医療器具会社アボット・ラボラトリーズから分化し2013年度に設立されました。

元会社のアボット・ラボラトリーズは1888年創業の老舗です。

 

アッヴィは先日、大手製薬会社アラガンを600億ドルで買収すると発表しました。

アラガンの買収により美容・眼科製品業界での圧倒的な地位を手に入れ、2020年より総売上高世界第4位(買収前は世界第9位)の会社へとリニューアルすることとなります。

 

アッヴィ(ABBV)の製品

ヒュミラ:抗リウマチ薬

イムブルビカ:血液がん治療薬

その他:C型肝炎治療薬など

 

「ヒュミラ」は2018年世界で最も売れた医薬品で、売上高に占める比率は約6割となっています。

しかし、売り上げの基幹である「ヒュミラ」は2023年に米国内で特許切れとなります。

 

ちなみに、ヒュミラはヨーロッパではすでに特許切れ。

先日の決算(2019年2Q)では、海外におけるヒュミラの売り上げは著しく減少していました。

 

 

アッヴィ(ABBV)の業績

売上高と営業利益率の推移

 

売上高は順調に右肩上がり。2016年から営業利益率は低下傾向。

2009年~2018年までの9年で、売り上げは約2倍になっています。

しかし、これはヒュミラの売上のおかげですので、2023年に米国でヒュミラが特許切れを起こすと・・・ですね(^^;

 

アラガンと合併後の決算に注目です。

 

EPS(1株利益)の推移

 

ここ数年は横ばい傾向。

 

アッヴィ(ABBV)の権利落ち日・支払い開始日

権利落ち月 1・4・7・10月
支払い月 2・5・8・11月

 

詳細な日にちは以下を参照してください。

  権利落ち日 支払い開始日 配当金 配当金の発表日
2019年 7月12日 8月15日 1.07 6月20日
4月12日 5月15日 1.07 2月21日
1月14日 2月15日 1.07 2018年11月2日
2018年 10月12日 11月15日 0.96 9月7日
7月12日 8月15日 0.96 6月14日
4月12日 5月15日 0.96 2月15日
1月11日 2月15日 0.71 2017年10月26日

 

アッヴィ(ABBV)の配当について

配当金

1株配当:4.28ドル

配当利回り:6.50%(2019年8月1日)

連続増配年:46年

直近5年の平均増配率:20.74%

 

アラガン買収ニュースによる暴落後は、配当利回り6%台で推移しています。

 

dividendinvestor.comcomより

 

配当金のグラフは分化後の2013年からのものです。

分化前のアボット・ラボラトリーズを含めると、実に46年連続増配となります。

 

配当性向

配当性向は60%オーバーとやや高め。

 

しかし、調整後のEPSで見ると50%前後で推移しています。

 

アッヴィ(ABBV)のキャッシュフロー

ヒュミラの売上が大きく寄与し、順調に伸びてきています。

 

アッヴィ(ABBV)のチャート分析

参照:tradingview

 

6月下旬にアラガン買収のニュースを受け急落しました。

現在は60ドル半ばで推移しています。

 

アッヴィ(ABBV)分析まとめ

ABBV分析まとめ

・アラガンを買収により株価は下落。

・配当利回り6%越え。

・売上高は順調に伸びているが、売り上げの6割をヒュミラが占めている。

・ヨーロッパではすでに特許切れ。

・ヨーロッパでは、バイオシミラー(後発品)に押され売り上げ減。

・米国でのヒュミラ特許切れは2023年。

・アラガンの買収で、決算内容がどう変化するかに注目。

ここまで読んでいただき、感謝いたします(^▽^)/

blank