2020年の目標【投資部門】

こまのすけ

あけましておめでとうございます!こまのすけ(@komanosuke3)です。

 

今年も当ブログにお越しくださり、誠にありがとうございます!

 

「一年の計は元旦にあり」ということで、2020年の初記事は今年の抱負や目標をお伝えしたいと思います。

 

まずは「投資部門」からご覧ください。

 

2020年:投資関連の目標

①給料から毎月7万円を高配当株の定期買いつけに充てる

2019年12月のポートフォリオ記事で述べた通り、2019年中になんとかネオモバイル証券の口座開設が間に合いました。

 

 

嬉しさのあまり、「なんとか年内にが間に合いました」と誤字する始末w

 

1銘柄につき1万円ずつ、計7銘柄を毎月定期購入していく予定です。

 

買いつけていく銘柄はこちら。

コード 銘柄名
2768 双日
8897 タカラレーベン
7272 ヤマハ発動機
9432 NTT
8591 オリックス
9433 KDDI
8058 三菱商事

 

2019年末時点での配当利回りを確認してみましょう。

コード 銘柄名 配当利回り
2768 双日 4.83%
8058 三菱商事 4.55%
8591 オリックス 4.20%
7272 ヤマハ発動機 4.09%
8897 タカラレーベン 3.75%
9432 NTT 3.45%
9433 KDDI 3.38%

 

平均配当利回りは「4.03%」となります。

 

定期買いつけは、いわゆる「ドルコスト平均法」です。

 

ドルコスト平均法については、Twitterをはじめとして賛否両論ありますね(;’∀’)

 

こまのすけ自身は、やはり右肩上がりの相場においては後々リスクが大きくなる手法であると考えています。

 

なので、右肩上がり(が今後予想される)の米国株ではなく、日本株ではどうか・・・

 

と、半ば身銭を切った実験的な意味合いも兼ねています(`・ω・´)

 

こちらも、追って結果を記事にしていきたいと考えています。

 

②年間配当20万円のポートフォリオ作成

2019年末時点での予想年間配当は「103,028円」です。

 

 

銘柄 数量 予定年間配当
三菱商事 200 21,120円
JT 200 24,640円
オリックス 200 10,944円
ソフトバンク 200 12,240円
JNJ 30 8,797円
ABBV 40 14,763円
MCD 5 3,698円
SPYD 50 6,826円
合計   103,028円

※予定年間配当金は税引き後・1ドル=108.6円で計算

 

インカムゲイン狙いの投資を始めた当初、目標は「月1万円の配当金」(年間配当12万円)が目標でした。

 

しかし、1年目で年間配当金10万円が達成できたので、今年はもっと目標を高く持とうというわけです(`・ω・´)

 

現在のポートフォリオの配当利回りは3.74%(税抜き)

 

ここからなるべく配当利回りを落とさないようにポートフォリオを構築していきたいです。

 

仮に配当利回りを3.8%とした場合、20万円の配当金を得るためには約526万円が必要( ^ω^)

 

入金力を上げて、何とか年内には20万円の配当金が入るポートフォリオを作成したいです。

 

あと250万円ほどの入金が必要そう(´・ω・`)

 

こまのすけ

頑張るしかない!

 

③CFDでコツコツ利益を出していく

昨年後半から「商品CFD50万円チャレンジ」と題し、主に原油、金、天然ガスで50万円をどこまで増やせるかに挑戦しました。

 

結果はこちら

 

大勝ちはありませんでしたが、なんとかプラスに。

 

自分は大勝ちはできないトレーダーだと身に染みたので、コツコツと利益を積み重ねていきたいと思います。

 

理想のトレーダー像に関する記事はこちらをどうぞ。

あなたはどんなトレーダーになりたいですか?

 

④トレード記録の充実を図る

昨年は「トレードとメンタル」について考えさせられた1年でした。

 

投資記録を読み返してみると、「その時の心理状態はどうだったか?」というところまでは記録できていないことが判明。

 

メンタル面を重視したトレード記録をつけることで、自分の負けパターンがさらに掴みやすくなると思ったので、今年から実行していきたいです。

 

ちなみに、「トレードとメンタル」に関する書籍は少ないので、Red JohnさんのnoteTwitterがオススメです。

 

noteは1記事ずつの購入は割高になるので、今後の記事をずっと読みたいと思った方は月額での利用をお勧めします。

 

たまに、過去記事のバーゲンセールをされていたりもするので、Twitterのフォローもしておくとよいかも。

 

まとめ

年明け早々、イラン革命防衛隊ソレイマニ司令官殺害のニュースもあり、相場は波乱の幕開けとなりそう。

 

今年は、短期的な目線で一喜一憂しないメンタルと、相場を冷静に見ることのできる判断力を養っていきたいです。

 

今年が皆さんにとって良い年になりますように!

 

ここまで読んでいただき、感謝いたします!(^▽^)/

 

blank