大きくハト派へ傾いたFOMCを受けて、NYダウは最高値射程圏内へ!【2019/6/20】

こんばんは!こまのすけです(^▽^)/

 

本日早朝に、FOMCの結果がわかりました。

 

FOMC声明文は市場の期待以上の内容。 「忍耐強く」という文言を削除し、「緩やかな」経済情勢といった表現に。

金利目標を2.25-2.50%に据え置くことを決定。

年内に最大0.5%の利下げが実施される可能性があることも示唆した。

 

さすがに、今回のFOMCでのサプライズ利下げはありませんでしたが、早くて7月にも利下げがあるのではないかという観測も。

 

S&P500の動き

 

期待以上のハト派的内容を受け、米国市場は派手な上昇はなかったものの堅調に推移。

相変わらず最高値射程圏内に踏みとどまっています。

 

参照:tradingview

 

「早くて7月にも利下げがあるのではないか」という観測もあるようですが、このまま株価が高値圏で推移(あるいは最高値更新)する状況が続くようであれば、可能性は低いと思います。

 

あと、「G20前にライトハイザー代表と劉鶴副首相が会談し、G20では米中首脳会談を実施する」とのニュースもありました。

もし対中関税第4弾が発動中止となれば、最高値更新は間違いないでしょう。

 

万が一、交渉が決裂し対中関税が発動されても、利下げという伝家の宝刀を使用した場合、そこまでの下落は見られないかもしれません。

 

VIX指数の動き

参照:tradingview

 

一時、VIXは13を切りそうな勢いでしたが下ヒゲをつけて終了。

前日仕込んだVIXロングの建玉は含み損となっています(^^;

まだ対中関税がどうなるかわからないので、G20過ぎるまでは持とうかと思います。

 

現在のポジション

とか言いつつ、本日「1552 VIX短先」をNISA枠で購入。

「1552 VIX 短先」は、2019年4月後半につけた最安値(8,900円)も割り込んでおり、本日最低値となりました。

 

現在のポジション

・1552 VIX短先(買い)・・・10,011円(平均取得額)×300株

・1552 VIX短先(買い)・・・9,675円×50株(NISA)

・1552 VIX短先(買い)・・・8,820円×56株(NISA)←NEW

 

・米国VI CFD(買い) ・・・16.62×55枚

・米国VIベアETF(買い)・・・50.63(平均レート)×6枚 積み立て中

 

そういえば、今日は日銀会合があったんですね。すっかり忘れていました(^^;

一応政策は現状維持とのこと。

 

本日、日経平均はしっかりと続伸しましたが、このまま円高が継続するようなら重石になりそうですね。

このまま円高が進行するようであれば、外貨建てETFの購入資金として米ドル購入も視野に入れていきたいと思います。